本文へ移動

「出羽の里」

・「出羽の里」は美山錦、出羽燦々に続いて開発された酒造好適米
・山田錦の流れをくむ吟吹雪と、美山錦に流れをくむ出羽燦々の系譜
・酒造りに適した米の中心部(心白)が大きく原料の米を効率的に使えるのが特長
・高品質で安価な日本酒の開発を目的に山形県工業技術センターが平成16年に採用したもの
・開発した酒は70%精米の純米酒で、酒本来の味が楽しめる。
・出羽の里を原料にした酒は既に県内蔵元が製造し、23の蔵元が山形セレクションとして認定をうけている。

■出羽の里の魅力

吟醸並みの高品質で、値段は一般酒並み。
「品良くしっかりとした旨味と雑味のないクリアな後味」

■山形県酒造組合オリジナル曲

山形県酒造組合オリジナル曲「出羽の里ソング」をお聴きになりたい方はこちら(以下の動画をクリックするとスタートします)
この曲も、山形県酒造組合 副会長 佐藤一良が作詞、作曲、歌っています。
お聴きになりたい方はこちらをクリックしてお聴き下さい。
山形県酒造組合
023-641-4050
〒990-0041
山形県山形市緑町一丁目7番46号
お問い合わせはこちら
TOPへ戻る