生まれも 育ちも 雪国 やまがた。
県単位として指定を受けました地理的表示制度GI「山形」は、日本酒分野で全国初の栄誉となりますが、指定に必要な内容として、水、気候風土、原料米、微生物の開発、伝承技術がどのように清酒の特性を形成しているかなどの評価があるようです。

雪国の山形には、低温発酵に有利で雑菌の増殖を抑える寒冷な気候、雪解けによる各山系からの豊富な仕込み水等、酒造りに大変恵まれた自然からの資源があります。
また、母なる川「最上川」の恵みから稲作が盛んで精力的に米の開発に取組んできたことから酒造好適米「出羽燦々」「出羽の里」「雪女神」が生まれました。
粘り強い性格で未来について深く考える県民性や自然に対する繊細な感覚などの精神性も山形の酒造りを支えており、蔵人の醸造技術向上を目的に「山形県研醸会」を組織し研鑚してきたことなどが指定につながりました。
■GI「山形」指定の背景
2016年12月、山形県酒造組合は国税庁から地理的表示GI「山形」の指定を受けました。
これは産地の名称を地理的財産として保護する制度で、世界的にはボルドー、シャンパン、スコッチなどが有名です。

日本にも産地特有の気候・風土・食文化、生産技術などに育まれ高い品質と評価を得ている「酒」が多く存在しています。
今回、山形県産の日本酒が都道府県単位としては初めて、日本酒の地理的表示「山形」の指定を受け、国内米と県内で採取された水を原料とし、県内で製造、貯蔵、容器詰めを行っている日本酒について、原産地を特定する「山形」の名を冠して販売することができるようになりました。
■地理的表示GI「山形」指定を受けて