DEWA33    
純米吟醸酒「DEWA33」ができるまで
山形県の酒造業界は、20年ほど前より、山形県全体の酒の品質向上をめざして、工業技術センターを中心に研究開発をすすめてきました。まず、全国に先がけて吟醸酒の開発に取り組み、「山形讃香」を開発し、続いて酵母の研究開発を様々な角度から行ない「山形酵母」「清々酵母」などを発見しました。その結果各蔵の品評会での入賞率が飛躍的に増加しました。同時に県独自の酒造好適米の開発活動を開始しました。その間約11年間、山形県農業試験場がついに素晴らしい酒造好適米「出羽燦々」を生み出しました。
 この「出羽燦々」を使った純米吟醸酒を「DEWA33(でわさんさん)」と名付けました。
 山形県は自然の恵みいっぱいの肥沃の大地、山々から流れ出る銘水は全国でも有数な酒造りに適しています。この山形が生んだ酒造好適米が「出羽燦々」です。 「出羽燦々」で醸した「やわらかくて、巾がある」純米吟醸酒「DEWA33」は発表と同時に全国で話題となりました。山形県の主な蔵元が参加して、この素晴らしい酒造米でそれぞれの個性を発揮した純米吟醸酒をつくっています。
純米吟醸酒「DEWA33」名前の由来
山々に囲まれた山形県は多くの名山があります。最高峰は鳥海山の2237m、2000mの高さまで6山、1400mまで33山を数えます。この33と「出羽燦々」「出羽山々」などをヒントに「DEWA33」が生まれました。
厳しい審査基準を経て、認定証が貼られます
出羽燦々」で醸した酒が、純米吟醸酒「DEWA33」です。
これには次のような酒質基準が求められます。
・「出羽燦々」を100%使用していること
・純米吟醸酒であること
・精米歩合55%以下であること
・山形酵母を使用していること
・山形オリジナル麹菌「オリーゼ山形」使用のこと
これらの基準に適合し、厳正な審査会を通って初めて「DEWA33」の称号が与えられ、「純正山形酒審査会認定証」が貼られます。山形の酒の誇りと責任の証しです。
出羽燦々愛称決定までのエピソード
山形県が生んだ酒造好適米にふさわしく、印象の強い名前にしようと、山形県、農協、経済連、酒造組合連合会が知恵を出しあい200点以上の愛称が集まりました。さらに東北芸術工科大学の先生方にもアドバイスをいただいて検討を重ねました。その結果「出羽燦々」に決定しました。山形の酒への熱い思いを込めて出来上がったネーミングです。
■DEWA33(デワサンサン)ソング
DEWA33のイメージソング「DEWA33 ソング」をお聴きになりたい方はこちらをクリックしてお聴き下さい
『DEWA33 ソング』

Word&Music:佐藤一良(※)
Arranged:佐藤一良(※)、岩本利洋
Producer:太田 薫
佐藤一良(※):Vocal、Background Vocal、Keyboards
太田 薫:Mixing Engineer
岩本利洋:Computer Programming、keyboards
(※)山形県酒造組合 副会長
  山形讃香    
鳥海山、出羽三山、飯豊連峰など、山形はまさに山に形成された県である。山々に源を発する流れは、母なる川「最上川」となり、大地を潤し、やがて日本海へと流れ込む。豪雪の山々が蓄えた雪はゆっくりと大地に染み渡り、ピュアな地下水へと姿を変える。「水」は万物の基本。酒造りにも「水」が大きく影響する。ビロードにようにキラキラ輝く「水」が「出羽燦々」を優しく包み込むとき、山形の一滴が産声を上げる。一滴の向こうにはきっと山形の自然や風土、そしておおらかな大地が見えてくる。
山形の酒造りは「情熱」。原料米の特性を見極め、ひたすら純粋に奥深い作業に汗を流す。『山形讃香』は磨き上げた精米歩合40%の『出羽燦々』米を使う。農業への感謝と大地への祈り。蔵人達は蒸し上げた蒸米に魂を込める。酒になるまでのひとときの対峙…。蔵内の空気まで張りつめる心意気が伝わってくる。蔵人の気質と感性、伝統は文化となり情熱の一滴が生み出される。その一滴が神の許しを得て空気と交わるとき、「情熱」は「感動」へと変わっていく。
農業への感謝と大地への祈り。蔵人達は蒸し上げた蒸米に魂を込める。
瑞穂の国の秋、黄金色の大地を風が渡る。山形の風土が生んだ美田で『出羽燦々』米は数々の酒造好適米の遺伝子を譲り受けた米。その可能性は計り知れず、究極の日本酒『山形讃香』を目指す米であり、同時に純米吟醸『DEWA33』を醸す米でもある。いずれは日本を代表する酒造好適米に名を連ねるだろう。日本酒の原点はまさに「米」。『出羽燦々』米は郷土を愛する蔵人や山形酒を愛するすべての人々の期待を一身に受けて山形の風の中で豊かに頭を垂れる豊饒の一滴になる日を夢見て。
■山形讃香んだんだ!
山形讃香のイメージソング「山形讃香んだんだ!」をお聴きになりたい方はこちらをクリックしてお聴き下さい。
『山形讃香んだんだ!』

Word&Music:佐藤一良(※)
Arranged:佐藤一良(※)
Producer:太田 薫
佐藤一良(※):Vocal、Background Vocal、Keyboards
太田 薫:Mixing Engineer
岩本利洋:Computer Programming、keyboards
(※) 山形県酒造組合 副会長
数々の酒造好適米の遺伝子を譲り受けた「出羽燦々」米
  出羽の里    
・「出羽の里」は美山錦、出羽燦々に続いて開発された酒造好適米
・山田錦の流れをくむ吟吹雪と、美山錦に流れをくむ出羽燦々の系譜
・酒造りに適した米の中心部(心白)が大きく原料の米を効率的に使えるのが特長
・高品質で安価な日本酒の開発を目的に山形県工業技術センターが平成16年に採用したもの
・開発した酒は70%精米の純米酒で、酒本来の味が楽しめる。
・出羽の里を原料にした酒は既に県内蔵元が製造し、23の蔵元が山形セレクションとして認定をうけている。
吟醸並みの高品質で、値段は一般酒並み。
「品良くしっかりとした旨味と雑味のないクリアな後味」
出羽の里の魅力
山形県酒造組合オリジナル曲
山形県酒造組合オリジナル曲「出羽の里ソング」をお聴きになりたい方はこちら(以下の動画をクリックするとスタートします)
この曲も、山形県酒造組合 副会長 佐藤一良が作詞、作曲、歌っています。
  雪女神    
「雪女神」は、山形県産米100%で世界に誇れる高級な日本酒を製造したいとの要望に応えるべく、開発された酒造好適米です。
大吟醸、純米大吟醸クラスの酒米として、すでにこの米を使用した酒で全国新酒鑑評会でも金賞を受賞した酒蔵もあります。
これからの日本酒市場でテロワールという言葉が重要になってきました。
地元の米で、地元の蔵人が地酒を製造する。山田錦などに負けない酒を地元の米で製造していくために、この雪女神はかかせない米です。
その繊細な味わいは、山形県の酒蔵のさらなる技術進歩により大きく翔くものと期待されています。
商標名に「雪女神」を謳っているお酒の醸造条件は次のようになっています。

      ①原料米表示は「雪女神100%」とすること。
  ②酵母は山形酵母を使用すること。
  ③純米大吟醸あるいは大吟醸であること。
  ④精米歩合は50%以下とすること。
  ⑤ラベルの作成・使用については組合に事前申請をして、承認を受けること。
商標名「雪女神」の使用について (ガイドライン)